八村塁はどこのハーフ?中学や高校時代の様子、大学での評価は!

引用元:バスケットボールキングより

NBAドラフト会議でウィザーズから9位で指名された八村塁(はちむらるい)選手。

1巡目の9位で指名されるのは日本人初です!

NBAでドラフト指名されるには2巡目までの60名と狭き門の中、見事快挙を成し遂げました!

そんな今大注目の八村塁選手のプロフィール、ハーフ?出身や中学高校、大学での評価など詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

八村塁のプロフィール

はじめに、八村塁選手の簡単なプロフィールについて紹介します。

 

氏名 八村塁(はちむらるい)
生年月日 1998年2月8日(21歳)
身長 204.5㎝
体重 108㎏
国籍 日本
出身 富山県

 

注目の身長ですが、なんと204.5㎝!

めちゃくちゃ大きいですよね!!

日本人で身長204㎝越えのバスケット選手には、NBAのメンフィスグリーズ入りを果たした、こちらも注目の渡邊雄太選手がいます。

八村塁選手もNBA入りということで、是非この身長を存分に活かして活躍してもらいたいですね!

八村塁はハーフ

八村塁選手は、お父さんがベナン人、お母さんが日本人のハーフです。

 

ベナン出身と言えば、タレントでゾマホンさんがいます。
八村塁選手のお父様がベナン出身ということで、どんな国なのか調べてみました。

 

ベナンてどんな国?


                          引用元:外務省公式ページより


ベナン共和国は西アフリカにある国です。
観光スポットは、珍しい水面都市や象、ライオンを見ることができる国立公園もあります。
日本代表としてこれからNBAで頑張って活躍してほしいですね!

 

小学生時代は野球少年だった!

今や日本人初となるNBAからのドラフト指名を受けた八村塁選手ですが、小学生時代はなんとバスケではなく野球少年だったとのこと。

その当時八村塁選手は野球選手のイチローに憧れていたそうです。

やはりその当時から身体能力は高く、投手と捕手を兼任し頑張られていました。

 

そして13歳、転機が訪れます。

奥田中学時代、友人に熱心に誘われバスケ部に転向

中学校に入り、同じ野球のチームメイトから何度もバスケ部に誘われるようになります。

友人も野球をやっているのにバスケに誘うということは、よほど八村塁選手の身体能力の高さを見極めていたのでしょう。

 

友人の熱い勧誘により、八村塁選手は中学生の時に初めてバスケをスタートさせます。

そしてバスケをほとんど見たこともなくルールも知らない八村塁選手に、

当時のコーチが「お前はNBAに行くんだ。」と言ったそうです。

 

コーチは、八村塁選手のズバ抜けた跳躍力を見逃さなかったんですね。

 

このコーチの言葉をキッカケに、八村塁選手はNBAを目指します。

スポンサーリンク

高校はバスケの名門、明成高校

高校は、宮城県にある私立の明成高校へ入学。

言わずと知れたバスケットボールの名門高校ですね。

 

親元を離れ、バスケットボールの練習に明け暮れる日々を送ります。

 

八村塁選手は1年生の時からチームの主力となり活躍し始めます。

ここに高校時代の成績をまとめました。

 

【インターハイの成績】
1年 ベスト4
2年 準優勝
3年 明成高校史上初、優勝
【ウィンターカップの成績】
1年 優勝
2年 優勝
3年 優勝

 

八村塁選手は全試合平均22.4点以上の得点に貢献し、全国高校選抜優勝大会(現全国高校選手権)ではなんと異例の3連覇を達成します。

ゴンザガ大学に入れたキッカケ

明成高校を卒業し、アメリカNCAAディビジョン1のいくつかの大学からオファーがあったという八村塁選手。

その中から「ゴンザガ大学」へと進学します。

すごいですよね!

 

八村塁選手がこうした大学やプロチームのスカウトの目に停まるようになったのは、2014年に開催されたU-17世界選手権がキッカケだったといいます。

 

この時日本代表自体は14位という成績で終わりました。

しかし、八村塁選手は平均得点・総合得点共に1位を記録しその名を広げました。

 

ゴンザガ大学での評価は

晴れてアメリカのゴンザガ大学へと進学した八村塁選手ですが、1年目はNCAAトーナメント全試合あわせて、わずか6分という出場時間でした。

 

しかし2年目からはその頭角を現し、段々と重要な試合に出場できるようになります。

そしてゴンザガ大学には欠かせない選手となり、ついに2018年NBAドラフトにアーリーエントリーするのか!?という話題も上がりました。

 

2018年はドラフトにはエントリーしませんでしたが、3年目となる今はゴンザガ大学のエースであり、チームを引っ張っています!

スポンサーリンク