米津玄師2020のツアーチケット入手方法は?最速(最短)先行予約を紹介!

米津玄師さんの2020年全国ライブツアー「米津玄師2020 TOUR/HYPE」が開催決定しています!

 

数々の名曲を生み出し、その人気は年々とどまることを知りません。

 

そんな米津玄師さんの歌を聴いてみたい!とファンの方達はライブツアーを待ち望んでいたと思います!

 

今回は、米津玄師さんの全国ライブツアー2002「HYPE」のチケットがどこで入手できるのか、また最速(最短)入手方法や、気になる倍率予想など詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

ライブツアーチケット2020の一番早い(最速)入手方法!

米津玄師さんのライブツアー2020の入手方法を調べたところ、自身のツイッターより以下の方法が最速の入手方法だということが分かりました!

【米津玄師ライブツアーチケット2020最速入手方法】
・ニューシングル「馬と鹿」の初回特典として2020ライブツアー抽選応募券が封入されている。
・実質これが最速先行予約となる。
・応募期間:2019年9月10日(10:00~9月15日23:59まで
ニューシングル「馬と鹿」の発売日が2019年9月11日なので、約1週間の期間となります。
 
※注意すべきことは、このニューシングルに封入されている券はあくまで抽選応募券であり販売券ではありません!
米津玄師さんのライブツアーは大変人気のため、チケットをゲットするのは難航することが予想されます・・・
 
でも今回ニューシングル「馬と鹿」を購入すれば最速で先行予約できる可能性がある訳ですから、是非この抽選応募券を入手されることをオススメします!!

米津玄師ライブチケット2020の気になる先行当選倍率を予想!

そこで気になるのが、米津玄師さんのライブツアーチケットの倍率ですよね!
 
今回最速抽選応募券を入手できるのがニューシングル「馬と鹿」を購入した方ということで、
「馬と鹿」のシングル販売数に注目してみます。
 
と言っても現時点(2019年9月)では販売数がまだ出ていないので、
ここで前作のCDシングル「Flamingo」の初週売上22.9万枚を参考にして2020年の全国ライブツアー会場収容人数で計算すると、、
和歌山ビッグホール 収容人数8,500人×2日間
→総動員数予想:17,000人
サンドーム福井 収容人数10,000人×2日間
→総動員数予想:20,000人
横浜アリーナ 収容人数17,000人×2日間
→総動員数予想:34,000人
広島グリーンアリーナ 収容人数10,000人×2日間
→総動員数予想:20,000人
宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

収容人数7,000人×2日間
→総動員数予想:14,000人

三重県営サンアリーナ

収容人数11,000人×2日間
→総動員数予想:22,000人

大阪城ホール

収容人数16,000人×2日間
→総動員数予想:32,000人

さいたまスーパーアリーナ

収容人数37,000人×2日間
→総動員数予想:74,000人

マリンメッセ福岡

収容人数13,000人×2日間
→総動員数予想:26,000人

北海きたえーる 収容人数8,000人×2日間
→総動員数予想:16,000人
全国総動員数予想:275,000人
 
仮に2020年ライブツアーのCD抽選応募枠が全国騒動員数予想の2/3だとすると、約183,000人です。
約183,000人に対し、前回のCDシングル「Flamingo」の初週売上229,000枚を参考にすると、
 
229,000人÷183,000人=約1.25倍
 
となります。
 
※CD抽選応募枠が何万人になるのかがはっきりと分からないので現時点(2019年9月)ではあくまで独自で算出した倍率の予想となります!ご了承ください。
 
さらに前回「脊髄がオパールになる頃」のライブツアーでは一般販売がありましたので、
今回も「一般先行抽選」分と「一般販売」分があることが予想されます。
 
そうなると最低でも1.25倍の倍率よりも倍率は上がりますので、1.25倍以上の倍率ということになりますね!
 
また何か情報が入り次第追記していきます!
スポンサーリンク

米津玄師のライブチケット2020の入手方法を予想!

現在2019年9月11日より発売されるニューシングル「馬と鹿」の初回購入特典として、封入されている先行抽選応募券を入手し、抽選に応募する方法が公開されています。

 

その他にチケットを入手できる方法はあるのでしょうか!?

 

前回の「脊髄がオパールになる頃」ライブツアーを参考にチケットの入手方法を予想してまとめました!

【米津玄師ライブツアーチケット2020の入手方法予想】
・CDニューシングル「馬と鹿」初回購入特典に先行抽選応募券が封入
・一般先行抽選
・一般販売(通常は先着順)
・定価トレード

CDニューシングルの購入の件はさきほどお話ししましたが、その後入手できるであろうと予想する方法は上記の通りです。

一般先行販売

こちらはCD購入者と違い、誰もが応募できるので当然倍率はあがります。

応募期間など、公式サイトから発表されますので随時チェックしてみてください。

>>>米津玄師公式サイトはこちら!

一般販売

通常ですと先着順が多いので、これにかけましょう!!

定価トレード

ライブに参加できなくなった方のチケットが定価+手数料で購入できるシステムです。

 

以上が2020年のライブツアーチケットの入手方法の予想でした。

是非参考にしてみてください!

 

また情報が入りましたら随時追記していきます!

まとめ

米津玄師さんの人気はとどまるところを知らないので、2020年のライブツアーチケットは前回よりさらに入手困難となることが予想されます。
まずは是非、ニューシングル「馬と鹿」を購入して先行抽選応募券を手に入れて抽選に応募しましょう!
スポンサーリンク