クレイジージャーニーのやらせ内容まとめ!15種類の生物とは何?

この度TBS系人気番組「クレイジージャーニー」のやらせが発覚し、話題を呼んでいます。

 

このやらせ発覚により、「クレイジージャーニー」はしばらく放送休止が決定しました。

 

今回は、「クレイジージャーニー」のやらせ内容について、15種類の生物は何か?詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

「クレイジージャーニー」問題の15種類の生物を紹介!

クレイジージャーニーのやらせが発覚した原因の15種類の謎の生物を紹介していきます。

 

まずは、2019年8月14日放送での以下4種類の生物。

1.メキシコサラマンダー 現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。
2.アリゲータートカゲ 地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。
3.メキシコドクトカゲ 現地協力者が個体を岩の下に放ちました。
4.ヘルメットイグアナ 取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。
引用元:TBS公式サイトより

続いて2017年~現在(2019年)までの計10回放送分の計11種類の生物がこちら。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル
・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア
・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル
・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類
引用元:TBS公式サイトより

これら合計15種類の生物が、事前に準備されていたというわけです。

こういう企画の番組って、探したけど見つかりませんでしたとかいうオチはあってはならない緊迫感を感じます。

15種類も事前に用意するとは、よっぽど追い詰められていたのかなと推測します・・・

爬虫類ハンター加藤英明はどんな人物?(画像あり)

今回「クレイジージャーニー」でやらせが発覚しましたが、その番組企画に出演していた爬虫類ハンター加藤英明さんはいったいどんな方なのでしょうか。

加藤英明のプロフィール

名前 加藤英明(かとうひであき)
職業 爬虫類学者・静岡大学教育学部講師

 

加藤英明さんの画像はこちら。

加藤さんは「クレイジージャーニー」で世界各地を回り、珍しい生物の捕獲をしてきましたが、事前に準備されていた生物がいたという事実は知らされておらず、特に演出には関わっていないと伝えられています。

スポンサーリンク

クレイジージャーニーに対する世間の反応

みなさん、加藤英明さんのことを心配している声が多く上がっています。

これらを見る限りでも加藤さんの潔白と、ファンの方がたくさんいてこの企画番組を楽しみにしていたんだなぁということが分かります。

最後に

今回の「クレイジージャーニー」のやらせは、この企画を楽しみしていた世間のみなさんを本当にガッカリさせました。

爬虫類ハンターの加藤先生も知らされていなかったという事で、加藤先生も犠牲者ということになります。

 

大人気な番組だっただけに残念でなりません・・・

また加藤先生の笑顔が見れる日が来たらいいなと思うのでした!

スポンサーリンク