ポケベル葬とは?数字の意味・世代!どんな葬式かツイッターまとめ!

ポケベル葬が2019年9月29日に行われました。

参加者は約300人。場所は秋葉原。

 

当記事では、「ポケベル葬」とはなんぞや、ポケベルの数字の意味やポケベル葬式の様子をまとめました!

スポンサーリンク

ポケベル葬とは?

 

ポケベル葬とは、スマホより前の「個人向け通信呼び出し」のポケットベル(以下ポケべル)が2019年9月30日(月)をもってサービス終了となることから、JR秋葉原駅で「みんなのポケベル葬」ことポケべルの葬式がおこなわれたことを言います。

主催は東京都葬祭組合。

 

ポケベル葬には、ポケベルにお世話になった世代が感謝の気持ち込めて続々と参列していました。

参加者は約300人。

いかにポケベルがみんなから愛されていたかが伺えますね。

ポケベル(ポケットベル)はどんなもの?(画像あり)

ポケベルは1968年に開始された個人向け通信呼び出し機器です。

「ベル」との愛称でも親しまれていました。

使い方はシンプルで、数ケタの数字を送れるサービスが流行し女子高生を中心に広まりました。

ポケベル世代は?

1990年代に流行ったポケベルは、今の30、40代世代を中心に多く愛されていました♪

ポケベルの数字の意味・メッセージまとめ

ポケベルの代表的な数字とメッセージの意味をまとめました♪

『ポケベルの数字の意味・メッセージ』
・14106 ⇒ アイシテル(愛してる)
・1141064 ⇒ アイシテルヨ(愛してるよ)
・724106 ⇒ ナニシテル(何してる?)
・4510 ⇒ シゴト(仕事)
・106410 ⇒ テルシテ(TELして)
・114 ⇒ イイヨ(いいよ)

こうして見ると何か暗号のようなかんじで面白いですね!

私もポケベルをかじっていた世代ですので懐かしい・・・^^

ポケベル葬の様子ツイッターまとめ

9月29日に行われた「みんなのポケベル葬」の様子をまとめました。

こうして見ると、かなりしっかり立派なお葬式です。

そして場所が秋葉原ということもあってか、メイドカフェのメイドさん達も多くみられていた様子でした!

最後に

ポケベルはポケベル世代にとって青春を共にした相棒です。

このような立派な形でサービスを終了されるということで1つの歴史の終わりにとてもふさわしかったと思います。

ありがとうポケベル!

1141064!

スポンサーリンク