水害後の消毒ポイントを紹介(画像)!感染症・細菌・カビ繁殖を防ぐには?みんなの口コミまとめ

台風19号の上陸にともない、広い範囲にわたり水害が起こりました。

今後は浸水被害を受けた場合、細菌やカビの繁殖・感染症を発生させない様、消毒の対応が非常に大切になってきます。

当記事では、水害後の細菌や感染症を発生させない為の消毒のポイント・具体的な消毒作業方法、みんなの口コミを詳しく紹介します!

スポンサーリンク

この2つの商品が効く!ドラッグストアで買える優れモノ!具体的な消毒方法も!

台風19号の影響で、様々な箇所で自宅浸水や道路が浸水してしまうなど大きな被害が出ました。

浸水被害を受けた家や車には下水道などの汚水も流れ込んでいるため、細菌やカビの繁殖が進む恐れがあります。

今後、自宅や病院、車など屋内外ともに消毒の対応などが大切になってきますね。

 

では浸水被害を受けた場合、どのように消毒をすればよいのでしょうか。

 

消毒に最適な商品は、実はスーパーやドラッグストアなど身近なお店ですぐに購入することができます!

その消毒に最適な2つの商品がこちら。

【細菌やカビ繁殖の消毒に最適な2つの商品】
・逆性石鹸
・家庭用塩素漂白剤
※どちらも汚れを水でしっかりと落としてから使用すること
※それぞれ決められた容量の水で薄めて使用すること

こちらは、すでに自宅にあるという方も多いのではないでしょうか。

どちらも近くのドラッグストアなどですぐに手に入ります!

逆性石鹸

『塩化ベンザルコニウム』という成分が含まれており、医療機関の消毒や食中毒対策などに用いられています。

消毒する場所

主に手先や家具、部屋の床などに効果的です。

作業方法

規定量水で薄めた薬液を雑巾に浸して拭いてください。
※ゴム製品・革製品への使用は避ける

家庭用塩素漂白剤

引用元:花王公式サイトより

『次亜塩素酸ナトリウム』が含まれていて、ノロウイルスの対策などにも使われています。

こちらは塩素系のため、

・他の消毒液と混ぜないこと

・金属やゴムの腐食に気を付ける

・色落ちする場合があるので注意

このような事に十分注意してください。

消毒する場所

主に食器や浴槽などに効果的です。

作業方法

規定量の水で薄めた薬液に約5分程浸した後、水洗いしてください。

スポンサーリンク

消毒作業をする時に身に着けるべき服装・アイテム

消毒作業する際には、くれぐれも消毒液が皮膚に付かないよう、また目に入らないよう細心の注意が必要です。

その際に身を守るために最適な恰好はこちら。

【消毒作業の時の服装・アイテム】
・服装は長袖・長ズボン
・長靴

・ゴム手袋
・メガネ
・マスク
上記を全て身に着けて注意を払いながら消毒作業をしましょう!

感染症を防ぐ為に必要な手順・アイテム!

浸水被害を受けると、その後感染症が流行してしまうことが多くあります。

こちらは避難所で生活を続けている方や、被災地でボランティア活動をされる時などの際にも非常に注意が必要になってきます。

 

その為必ず行うべき手順・必要なアイテムを紹介します。

【感染症を防ぐために必ず行うべき手順・必要なアイテム】
・手洗いとうがい
・マスク着用
汚染水の誤飲や傷口などからの体内への侵入、粉塵を吸い込まないなど、細心の注意を払いながら行動してください。

台風19号の影響により、実際の消毒作業に関するみんなの反応・口コミ

では実際に消毒作業に関する情報を方々の反応や感想・口コミを載せておきます。

みなさんのツイートを見ていても、消毒作業は非常に有効なようです。

是非参考にしてみてください!

最後に

水害の後には、浸水してしまった箇所を消毒することが非常に大事になってきます。

くれぐれも細心の注意を払いながら作業に取りかかりましょう!

スポンサーリンク