【台風21号2019】ブアローイ進路予想!ダブル台風が合体する可能性は?米軍ヨーロッパ・気象庁まとめ!日本への影響は?

2019年10月19日21:00頃、トラック諸島近海で台風21号(ブロアーイ)が発生しました。

現在台風21号は発達しながら西の方角へ進み、その後北の方角へと向きを変えることが予想されます。

そうなると心配なのが日本への影響です。

特に現在台風19号により多大な被害が出ている状況の中、これ以上台風が上陸することは大変危険です。

当記事では、台風21号の最新進路予想・米軍ヨーロッパ・気象庁まとめ!現在の台風21号とのダブル台風合体の可能性?について紹介します。

スポンサーリンク

【現在】気象庁による台風21号・最新進路予想

気象庁の現在の最新進路予想図をまとめて随時更新しています。

2019年10月20日(日)4:00発表の台風21号の進路予想図

引用元:気象庁公式サイトより

2019年10月20日(日)3:00の実況

中心気圧 998hPa
中心付近の最大風速 20m/h(40kt)
最大瞬間風速 30m/h(60kt)

2019年10月20日(日)15:00の予報

中心気圧 992hPa
中心付近の最大風速 25m/h(50kt)
最大瞬間風速 35m/h(70kt)

2019年10月21日(月)3:00の予報

中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/h(60kt)
最大瞬間風速 45m/h(85kt)

2019年10月22日(火)3:00の予報

強さ 強い
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 40m/h(75kt)
最大瞬間風速 55m/h(105kt)

2019年10月23日(水)3:00の予報

強さ 非常に強い
存在地域 マリアナ諸島
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 45m/h(85kt)
最大瞬間風速 60m/h(120kt)

2019年10月24日(木)3:00の予報

強さ 非常に強い
存在地域 小笠原近海
中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/h(90kt)
最大瞬間風速 65m/h(130kt)

2019年10月25日(金)3:00の予報

強さ 非常に強い
存在地域 小笠原近海
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 45m/h(85kt)
最大瞬間風速 60m/h(120kt)
スポンサーリンク

【現在】ヨーロッパ中期予報(ECMWF)センターによる・台風21号最新進路予想

ヨーロッパ中期予報(ECMWF)の最新情報をまとめています。

【風の強さの見方】
・黄色・・・10~15km/h
・薄黄緑・・・15~20km/h
・黄緑・・・20~25km/h
※ECMWFは10日間のデータを見ることができます。

2019年10月20日(日)の実況

2019年10月21日(月)の進路予想

2019年10月22日(火)の進路予想

2019年10月23日(水)の進路予想

2019年10月24日(木)の進路予想

2019年10月25日(金)の進路予想

2019年10月26日(土)の進路予想

2019年10月27日(日)の進路予想

2019年10月28日(月)の進路予想

2019年10月29日(火)の進路予想

【現在】米軍による台風21号・最新進路予想

JTWC(アメリカ海軍)による台風21号の現在の最新進路予想です。

引用元:JTWC公式サイトより

台風21号が北上している様子が分かります。

スポンサーリンク

ダブル台風発生(台風20号・台風21号)で合体する可能性は?

上記のように、現在台風20号と台風21号が発生しダブル台風が日本へ近づいている状況です。

そこで気になるのが、台風がもしかして合体したらどうしよう。

そもそも台風って合体するの?という疑問がわいたので調べてみました。

 

結論から言うと、「台風は合体することはない」そうです。

 

1921年に中央気象台所長だった藤原咲平さんが提唱した内容が以下の通りです。

相寄り型
弱い方の熱帯低気圧が接近しながら急激に衰弱し、強い方の熱帯低気圧に取り込まれてしまう。
指向型
片方の熱帯低気圧だけが干渉を受けて、もう片方の熱帯低気圧の回りを運動するように見える。
追従型
片方の熱帯低気圧がまず移動し、その後ろをもう片方の熱帯低気圧が追いかけていく。
時間待ち型
東側の熱帯低気圧がまず北上し、その熱帯低気圧が去った後に西側の熱帯低気圧が北上しはじめる。
同行型
2つの熱帯低気圧が並行して移動する。
離反型
東側の熱帯低気圧が加速して北東へ移動し、西側の熱帯低気圧が減速しながら西へ移動する。
引用元:Wikipediaより

上記の内容を“藤原の効果”と言います。

藤原の効果とは、

2つ以上の台風が接近しながら存在する場合、それらがお互いの進路に影響を及ぼし、相対的に低気圧性の回転運動をすること。

 

つまり今回の台風20号と21号に当てはめてみると、勢力の強い台風が弱い方の台風を吸収することはあっても合体することはないそうです。

スポンサーリンク

ダブル台風に対するみんなの声

現在、台風20号・台風21号のダブル台風が日本に近づいています。

台風20号と台風21号が発生している状況に不安の声があがっています。

ダブル台風の発生に、不安の声が上がらないわけがありませんね。

今後台風20号・21号の動きはどうなっていくのでしょうか。

最後に

今後も台風21号の進路状況とダブル台風の影響を追っていきます!

また新情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク