イングランド選手の銀メダル拒否動画!理由・原因は何?(ラグビーW杯決勝)

11月2日(土)にラグビーW決勝戦イングランドVS南アフリカ戦が行われ、南アフリカが見事優勝しイングランドは惜しくも2位という結果になりました。

その表彰式で、イングランドの選手が相次いで銀メダルを首にかけることを拒否するような行動を起こしたことが波紋を呼んでいます。

当記事では、ラグビーW杯決勝イングランド選手の銀メダル拒否動画!理由・原因は何?についてまとめました。

スポンサーリンク

ラグビーW杯決勝戦・表彰式でのイングランド選手の態度

今回イングランドは決勝戦で惜しくも敗退しましたが、2位という素晴らしい功績を残しているにもかかわらず銀メダルを拒否するという行為をしたことについて世界各国から批判の声が相次いでいます。

戦前は、名将、エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられることを拒否。授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じた。

引用元:Yahooニュースより

イングランドの銀メダルを拒否する行為は海外の各国メディアが報道しています。

イングランド選手の銀メダル拒否動画

この様子では、一部の選手が00:33あたりではメダルをかけられることを拒否する様子、01:45あたりから銀メダルをかけられてすぐに外している様子が分かります。

後半では数々のイングランド選手がメダルをかけていなかったり、かけていてもユニフォームの中にしまっていたりしています。

 

ラグビーW杯決勝でこのような行為が見られたことに対して、世界のラグビーファンの方はどう思うのでしょうか・・

スポンサーリンク

メダルを首にかけることを拒否した選手は誰?

実際に銀メダルを首からかけてもらうことを拒否した選手です。

マロ・イトジェ選手

カイル・シンクラー選手

シンクラー選手は一度メダルをかけてもらいましたが、直後に外しています。

 

その他にもたくさんの選手がメダルをユニフォームの中にしまってかけていなかったりしています。

スポンサーリンク

イングランド選手が銀メダルを拒否した理由や原因は何?

イングランド選手がなぜ銀メダルを拒んだのか。

理由や動機はやはり負けたことがとても悔しかったからだと思います。

やはりイングランドは優勝を狙いにいっているのですから、2位に満足・納得できるわけがありません。

ましてイングランドはラグビー発祥の国。

想像以上のものを背負って挑んだ試合だったと思います。

 

その悔しさからの抑えきれない行為だったのでしょうか。

 

ラグビーは数あるスポーツの中でも特に身体的に激しいスポーツであるが故に、スポーツマンシップにのっとった規律や自制なども非常に大切にされていると思います。

 

今でこそあまり使われなくなりましたが、「ノーサイド精神」という言葉があるぐらいです。

【ノーサイド精神とは】
ラグビー用語で「試合終了」という意味
どんなに荒れた試合をしても喧嘩をしても、ノーサイドの笛が鳴れば勝敗関係なく
今までの事は忘れて敵味方同士同じフィールドで戦った同志として食事や酒でも飲んで楽しもう
というようなもの

ラグビーは特にこのような精神も大切にされていることから、イングランド選手の銀メダル拒否に関して多くの海外メディアが取り上げたのでしょう。

スポンサーリンク

イングランド選手の銀メダル拒否の行為について世間の反応・評価

今回の銀メダル拒否行為に対して多くの世間の声をまとめました。

やはり、メダルの拒否行為は「ノーサイド精神」に反するという声や、残念がる声が多いです。

 

その一方で、イングランドに寄り添った声もあがっています。

イングランドが全力で戦ってきたことが分かります。

スポンサーリンク

最後に

以上がイングランド選手の銀メダル拒否行動についての記事でした。

これだけ海外のメディアが反応していることを認識したうえで、

今後のイングランド選手の動向が気になるところです!

スポーツニュースに関する記事はこちら!

>>【動画あり】Aゴメスの骨折がひどすぎる!(プレミアリーグ戦)サッカー史上に残る悲惨な怪我

ラグビーW杯に関する記事はこちら!

>>青木創太くん(東京・8歳)のウルグアイ国歌斉唱動画あり!みんなの反応!

>>ビクトリーロードに著作権の問題はある?歌詞・原曲(元ネタ)を紹介!

>>【動画】ビクトリーロード歌い方(歌詞つき)!ラグビー日本代表応援歌コール拡散・マスター!

>>【10/20ラグビー日本×南アフリカ戦】当日でも間に合う!東京開催のパブリックビューイング(地図・屋内外・定員数・詳細)まとめ!

スポンサーリンク