【ボクらの時代・動画】小栗旬は沢尻エリカに警告してた?トーク内容は?その時の様子まとめ!

11月16日に女優の沢尻エリカさんが薬物所持で逮捕されました。

その2カ月程前に、フジテレビ系「ボクらの時代」という対談番組に沢尻エリカさんと小栗旬さんが出演していたのですが、内容がとても意味深なものだったのです。

当記事では、ボクらの時代・対談動画!小栗旬は沢尻エリカに警告してた?内容全文まとめについて紹介します!

スポンサーリンク

2019年9月22日放送「ボクらの時代」対談動画のトーク内容が意味深!

映画「人間失格 太宰治虫と3人の女たち」の公開にともない、フジテレビ系「ボクらの時代」という対談番組に、監督の蜷川美香さん、主演を務めた小栗旬さんと沢尻エリカさんの3人が出演しました。

 

その時の対談動画がこちら。

注目されている対談内容の部分をまとめました。

蜷川美香さんが小栗旬さんと沢尻エリカさん2人に、
蜷川:役者を演じる中で入りこむあまりにフィクションとリアルの境界線が曖昧になるのか?
という投げかけに対し、
小栗:「今この話しはつかえる話しじゃないと思うけど・・・」
と前置きをして意を決したかのように、役者について演じることについて語っていきます。
そこで、
小栗:人間はそんなに強くない、別人格を演じることに命をかけてるから気が付くと何かを頼ってしまう瞬間が多分ある。
という内容を語っています。
小栗:絶対に日本では良くないと思うけど、役者が結局それでオーバードーズみたいなことになって死んでしまうようなことはあると思う。
という流れから、
小栗:例えば一番最近では言えばヒース・レジャー(急性薬物中毒で死去)だって。
あのジョーカーを生んだとなったらやるよ。
だって現実がどこかって分からなくなっちゃうんだもん。
と、ハリウッド映画「ダークナイト」でジョーカー役を演じたヒース・レジャーを例にあげて語ります。
沢尻:まぁそれが恋愛だったりとかいろんな。やっぱ人って何かに依存しているわけだから。
というところで、
小栗旬さんがまた薬物に話しを戻します。
小栗:でもそれで一番重要なことは何かと言うと、じゃぁ「人を殺した経験ありますか?」ってところに行き着いた結果、僕らは人を殺したことはないけれども人を殺す役をやらないといけないというのが、最終的に一番究極で悩まなければいけない部分だと思うんだよね。
となると、他のそういうことだって、じゃぁ「ドラッグの役だからドラッグやります」とかそういうことじゃないよね、と」
ここで今まで蜷川さんの方を向いて語っていた小栗さんが突如、視線を沢尻さんに向けます。
沢尻さんはすぐさま水を飲み込みます。
小栗:ということは「いろんな想像力で補いましょう」というのが一番重要になってくるんだよね
と声を張り上げて語りかけています。
蜷川:だんだんそういうシーズンになってきた?だんだん変わってきた?昔はだって、こう、そのなるべく・・・
という蜷川さんの話しに対し、
小栗:なるべく体験しようと思っていました。でも自分の想像力をもう少し信じてみようかなと思うことも、増えてきたかもしれないですね」

この直後に沢尻さんが映されていますが、視線は斜め下を向き両肘をついて手に顎を伸せています。

以上が注目対談動画のトーク内容と、その時の様子です。
動画を観ていると、小栗さんはトークの終わり終わりには沢尻さんへ強い視線を送っています。
特に沢尻さんが話しを挟んで、また薬物の話しに戻す時の視線が、気のせいかもしれませんがとても強いように感じました。
 
また、3人のそばに飲み物が用意されているのですが、沢尻さんだけグラスからワイングラスに変わり水をお替りされている様子も分かります。
水をひたすら飲む様子も気になるところです・・・
スポンサーリンク

ボクらの時代の小栗旬の対談を見た世間の反応は

2019年9月22日放送分の「ボクらの時代」の対談動画を観た世間の反応をまとめました。

リアルタイムで観ていた時は気づかなかった方も、沢尻エリカさんの逮捕後に改めて観ると小栗旬さんが沢尻エリカさんに忠告していたんだろうと感じる方が多いようです。

最後に

今回の動画内容を見ていると、小栗旬さんは沢尻エリカさんに薬に頼らず自分の想像力を信じていくようメッセージを送っているように感じました。

小栗旬さんが本当に沢尻エリカさんに向けて発信した忠告だったとしたら、テレビを通してまで伝えたかった事・つまり沢尻さんがもう後戻りできないところまで来ていたことを感じ取り最後の警告だったのではないかと感じてしまいます・・・。

スポンサーリンク