樋口新葉(わかば)がまた太った?体重や太ももにも注目が集まる2020年四大陸選手権!

2020年・四大陸選手権のショートプログラムが行われ、樋口新葉(わかば)選手が自己ベストを叩き出し5位と好調なスタートを切りました!

滑りやジャンプはもちろんですが、樋口新葉選手の現在の体型にも注目が集まっているようです。

当記事では、樋口新葉(わかば)がまた太った?体重や太ももにも注目が集まる2020年四大陸選手権についてまとめました!

スポンサーリンク

現在・2020年四大陸選手権の樋口新葉が太ったと話題に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

유화 yuhwa⚡️(@_chuu_marin)がシェアした投稿

今回樋口新葉選手は、四大陸選手権でショートプログラムで自己ベストを出して5位スタートとなっています。

滑りもジャンプも表現力もともに評価が高く、かなり良い状態で挑めている様子です。

トリプルアクセルも狙っていくとの事でフリーへの期待が高まる中、樋口新葉選手の様子を見ていると、また太ったんじゃないかとの声が多くあがっていました。

 

樋口新葉選手の姿を見て、太った?との声がありますが以前よりもジャンプもスピンも安定し自己ベストを出しているので、状態的には悪くないようです!

自分の身体との付き合い方も分かっているように感じられます。

気になる太ももですが、恐らく相当筋肉量もあげたのではないかと思います。

脚を鍛えてジャンプや滑りなど安定させてきたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

樋口新葉は思春期の高校生時代は体重増加に悩んでいた

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wakaba Higuchi 樋口新葉 (19)(@wakababy_sk8r)がシェアした投稿

樋口新葉選手は今年2020年に19歳になり、身体つきも成人の女性へと変化しています。

もともと太りやすい体質の樋口選手は、シニアに転向後、成長期ということもあり身体が一気に大きくなったことで体重増加に苦しみました。

 

体重増加によって今までよりも滑りにキレがなくなり、取り組む予定だった三回転半ジャンプも挑戦できずにいたようです・・・

 

高校生の17,8歳の頃は、体重管理に気を配るあまりストレスもひどかったそうですが、チョコレートやアイスクリームなど甘いものが大好物でもある樋口選手にとっては辛いですね。

 

その時に樋口新葉選手が太っていると注目されていたようです。

樋口新葉選手は2019年にダイエットを成功させていた!

しかしスケートで結果を出したい樋口選手は食事調整などを徹底し、練習量やトレーニングも増やして数カ月かけて少しづつ減量していく方法で頑張ったそうです。

その結果見事にダイエットに成功し、2019年の11月頃には中断していたトリプルアクセルも完ぺきに決めています。

 

こちらのPUMAのCM動画に出演されている樋口新葉選手をご覧ください。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Wakaba Higuchi 樋口新葉 (19)(@wakababy_sk8r)がシェアした投稿

この樋口新葉さん、今より身体も絞られているように見えます。

太っているというよりむしろ絞られて筋肉質のかっこいい体型なのでは^^

投稿されたのは最近ですが、CM撮影なので数カ月は前の撮影になると思います。

 

ということはちょうど樋口選手が身体を絞っている時期とかぶっていると思いますが、確かにこのPUMAのCMの樋口新葉さんは、フィギュアスケートの姿とはまた違い、とてもスポーティーで美人さんなイメージですね。身体も絞られていて格好良く、ますます人気が出そうです!

スポンサーリンク

最後に

2020年四大陸選手権に出場し、現在5位発進の樋口新葉選手。

姿を見てまた太ったかと思われる方もいるようですが、コンディションはむしろ最高と言っていいと思います。

ショートで自己ベストを出し結果が物語っていますね!

恐らく、体重管理と共にトレーニングや練習量を上げているとの事なでの筋肉量もあげてきたのではないかなと思います。

このままいい結果に繋げていって欲しいですね!

スポンサーリンク