【現在】ウエンツ瑛士の英語力が上がった・上手いと話題!過去と比較してみた

ウエンツ瑛士さんがイギリス・ロンドン留学を経て、久々に日本のメディアに出演しました!

ウエンツさんは2018年10月より留学していましたが、英語が格段に上手くなっている話題です。

当記事では、【現在】ウエンツ瑛士の英語力が上がった上手だと話題!イギリス留学についてまとめました。

スポンサーリンク

ウエンツ瑛士がイギリス留学した理由がかっこいい

ウエンツさんと言えば2018年10月よりイギリス・ロンドンへ1年半の期間、留学していました。

その間は芸能活動をいったん休止しています。

 

留学した理由は“ミュージカル修行”ということで、主に歌、踊り、演技、そして英語を身につける為だったそうです。

 

ウエンツさんはその愛らしいルックスから4歳でモデル活動を始め、NHKテレビ番組「天才テレビくん」のレギュラーメンバーとして活躍、その後俳優の小池撤平さんと『WAT』というデュオで2016年まで活動していました。

 

ウエンツさんはその見た目とは裏腹に英語が全く話せないということでも話題でした。

ちなみに父親はもちろん英語ペラペラ、母親も英語ペラペラ、長男はバイリンガルと英語はお手の物な家族です。

逆にウエンツさんだけ英語が話せないのが不思議なぐらいですが・・・

 

そんなウエンツさんですが、留学を決めた当時日本ではレギュラー番組はもちろん、多数の仕事をこなす売れっ子でした。

30歳の頃から「いつかロンドンの舞台に立ちたい」と強く思うようになったと言います。

そして32歳の時に悩んだ末、留学を決断。

 

「僕が日本に帰って活躍を見せることで、下の世代が、海外行って勉強してもいいんだ。と思ってくれたら。

下の世代にも、海外で学んでほしい」

 

仕事をいったん全てやめて留学を決意することには人生をかけての強い想いがあったのでしょう。

スポンサーリンク

 【過去】ウエンツ瑛士は英語が話せないで有名だった

ウエンツさんは、父親がドイツ系アメリカ人、母親が日本人、兄もハーフの4人家族です。

家族みんなは英語がペラペラですが、なぜかウエンツさんだけは英語が喋れなかったそうです。

 

芸能界でも、“英語が話せないハーフタレント”で定着していました^^

 

ウエンツさんがどれだけ英語力が乏しかったのか動画をご覧ください。

確かに、とても流暢な英語とは言いがたいですね!

でもそんなウエンツさんがとても人気でした♪

【現在】ウエンツ瑛士が英語がペラペラに!

2020年、3月10日放送のバラエティ番組「火曜サプライズ」で、タレントのヒロミさんがウエンツさんにサプライズで会いに行きました。

ヒロミさんとウエンツさんはとても親しく、ウエンツさんがしっかり勉強しているのか、何より英語は話せるようになっているのか心配し、しびれをきらしてアポ無しで会いに行くとの企画でした^^

 

そこで突如ウエンツさんに、現地のお店で日本のテレビカメラを撮影してもいいか確認してもらいにいくのですが、

そこでのウエンツさんの英語力がこちら。

 

確かに!これは英語でスラスラと会話していますね!

普通にさらにかっこよくなってしまっています!(笑)

スポンサーリンク

ウエンツ瑛士の英語力の高さに世間の反応・評判は?

今回ウエンツさんが1年半の留学を経て、中身も外見もさらに素敵になったように見えましたが、世間の反応はどうでしょうか。

ウエンツさんの英語を話す姿が全てを物語っていて、この1年半どれだけウエンツさんが努力をされてきたのかみなさん感じたようです。

最後に

ウエンツさんは、今回の留学を経験して1つだけ間違いなく言えることは、『34年間の人生で1番楽しい時間だった』としっかりとした目で語っていました。

ウエンツさんの姿を見れば一目瞭然ですね。

努力して前を向いて進んでいる人は本当に素敵です^^

今後もこの経験を生かして、様々な場で活躍されることでしょう。

一皮も二皮も向けてさらにステキになったウエンツさんの今後にますます注目です!

スポンサーリンク