滝沢カレンのインスタグラム料理のレシピ紹介文が面白すぎる!唐揚げは代表作

モデルからタレント・女優と今や各方面で引っ張りだこの滝沢カレンさん。

中でもやはり滝沢カレンさんと言えば、言葉の魔術師と呼ばれるほど独特な文才が話題です。

当記事では、滝沢カレンのインスタグラム料理のレシピ紹介文が面白すぎる!唐揚げは代表作についてまとめました!

スポンサーリンク

【滝沢カレン】インスタグラムの料理レシピまとめ

滝沢カレンさんのインスタグラムにたびたび登場する美味しそうなお料理。

そう、滝沢カレンさんは料理が上手なんですね♪

 

美味しそうなお料理~♪

・・・なんですが、とにかく気になるのが滝沢さんのレシピ紹介!

何がすごいってその独特な表現力。

文才がすごいです。

こんな料理のレシピ紹介の仕方、今まで見たことありません。

 

それでは“滝沢カレンさんがレシピを紹介するとこんな表現になる”

魅力たっぷりのレシピ集をまとめましたのでどうぞ!

 

滝沢カレンの唐揚げレシピはもはや代表作!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんばんは💕 ヘルシーに見えてそうじゃない、 高カロリーに見えてそうでもない、 どちらも決めるのは胃袋ですってことにします😊 今回はただただ食べたい知らない人を知らない、唐揚げを久しぶりに作ってみました🥰 油物がほんとは大好きで、でも油物はカロリーがやら太るやらと可哀想な扱いされがちなので、なるべく外では油物を食べないで家で自分が作るときだけは食べていい、という決まりにしてます😉(たまにはご飯屋さんでもそりゃ食べる) なぜならやはり味付けから肉の種類(鶏内)、油まで全部自分で確認できるからです☘️(こだわり強そうにみえてそこまで強いわけでもないのでご安心を) 私が家で唐揚げ作るときのお決まりをご紹介します😃 唐揚げは一度全て揚げてしもうと保存不便ですから、300gくらい買って半分は生のまま冷凍や冷蔵しますから、5〜6個を用意します😉 私は味濃いのが好きなので今から話すことは味濃いと思いながら聴いてください。 薄いのが好きな方はこれから話すよりは自分で決めて下さいね😊 そしましたら、スタートです! まず、透明度まではいかないがスーパーでよく見かけるしもらうしなの、ビニール袋を二重にします。(豪快な方はジップロックなど) そこに冷たい何も知らない鶏肉をいれてあげます。 やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に上からいくつかかけ流していきます🙇🏼‍♀️ まずリーダーとして先に流れるのは、お醤油を全員に気付かれるくらいの量、お酒も同じく全員気付く量、乾燥しきった粒にみえる鶏ガラスープの素をこんな量で味するか?との程度に、ふります。 いれすぎても、いれなさすぎても、あまり変わるわけではないので気にしすぎもよくないです! そして匂いが取り柄な、ニンニクすりおろしかチューブ、生姜すりおろしか、チューブを鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちでつけてあげて下さい。 あとはごま油をご褒美あげるくらいにします。 最後に気前よく塩胡椒して鶏肉への刺激は終わります🧚🏼‍♂️ 順番は自由です😊 あとは開きっぱなしの入り口を柔らかく結んでください。あとでまた開けます。 あとは自分が二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激します。 男のみなさんは自分の力を見せない程度にしてあげてください。 うわっこりゃすごい色だ!と濃さや匂いに驚かれてる方は、15分位冷蔵庫で冷やしたらもう漬けるのをやめましょう。 わぁもういい匂いだお腹すいた!と笑顔になる方は、そのまま30〜60分冷蔵庫にて鶏肉を休ませてあげて下さい。 それぞれの時間を過ごしてる場合じゃなくこの間にお味噌汁、お米、副菜をお願いします。 今回は、副菜はえのき茸に鰹節が入った梅を混ぜただけの苦労知らずの一品と、ニンジンとほうれん草の誰だって知ってる胡麻和えです。 すりごま、お砂糖、醤油、などで終わらせます。 お味噌汁にはあまったえのき茸が再登場してくれました、あとはバレてしまってますが、炊き込みご飯でもう大丈夫といわれた油揚げもお味噌汁に再登場してます。あとはお豆腐とわかめのいつものメンバーで助けられてます。 ご飯はたけのこと油揚げの炊き込みご飯にしましたが、理由はとくにありません。 炊き込みご飯の作り方をもしかしたら再確認したかったのかもしれません。 そんな構いをしているとあっという間に待たせている鶏肉を思い出す時間になります。 面白いくらいにブったりした鶏肉があるはずです。 好き好きな入れ物に片栗粉と少しの小麦粉を入れて潤い満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界にしてあげます。 あ、その前にみなさん激熱油は用意できてますか?😅 私はたまにの油物なのでここは贅沢御免でオリーブオイルを170度くらい熱々にします。(飛び跳ね、指を入れるなど命かけてしないでください) 熱々に見えなくてもそこは想像を絶する熱さです。 170度にいきましたら、パサパサ鶏肉をおにぎりを一握りの気持ちで「いってこい」の後押して油へ…🔥 すぐさまなんかしらの反応見せたら、あ、楽しくやってるな、と見過ごしてあげてください。 何の反応もしてくれなかったら一旦取り出してください、油がまだ170度ではありませんそれは。😅 そして全体的に薄茶色になったら一旦油取りが紙(料理用)みたいのに移しさらなる高温に油を熱くします… 180〜190度にして、懲りずにまた唐揚げを油へ沈めて下さい。 だんたんとキャピキャピ音が高くなってきたら、ほんとに出してくれの合図です❣️ しっかりここではコミュニケーションとってください。 これ以上茶色な唐揚げみたくない!ってタイミングでもいいです。 みなさん、「何事も早くがいい」と言われても、先に190度など高温にしてしまうと焦げたり中はまだあったまってないですから、気をつけてくださいね😋 そんな鶏の唐揚げの物語でした📕 安全第一で無理矢理な時は油物は控えてくださいね。 でもたまーの大量油は身体もそこまで困らないとおもいます。 是非、よろしくお願いします😊 #カレンの台所 #たまの油物は余計に美味しく噛みしめたくなる #油物の危険より油物の美味しさ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

こちらが話題の『唐揚げレシピ』です。

 

「冷たい何も知らない鶏肉を入れてあげます」

何も知らない鶏肉・・・

 

「やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に上からいくつかかけ流していきます」

滝沢カレンさんには鶏肉がこのように映るのでしょう

 

「お醤油を全員に気付かれるぐらいの量」

全員とはもちろん鶏肉のことですよね

 

ニンニクや生姜にいたっては、

「鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちでつけてあげて下さい。」

 

ごま油の量は、

「ご褒美をあげるくらいにします。」

 

すごくないですか。

こんな唐揚げのレシピの紹介、今まで聞いたことありません。

これは、、ハマってしまいますよね♪

スポンサーリンク

滝沢カレンのインスタグラムで紹介のレシピ集をまとめてみた

唐揚げの世界観が面白すぎたので、インスタグラムから他のお料理レシピもないかと集めてみました♪

 

生姜焼きレシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんにちは🌞 私と言えばという人はまだいないですが、いつかそうなりたい生姜焼きを作りました。 本当に大好きで、豚肉が好きなんだか生姜が好きなんだか、玉ねぎが好きなんだかで迷ったところ、全て好きだからこの料理の好きさに気付きました。 そんな生姜焼きの物語はあっという間に思えて結構扱い回したなというくらい頑張ってくれたと思います。 スーパーを陣取る豚肉をまずは仲間にします。 生姜焼きはほんとうに豚肉にはどんな姿であろうと美味しく頂けることが胸を張って言えますので、豚バラでもモモでも肩ロースだろうが小間切れだろうが切り落としだろうが、しゃぶしゃぶ用の肉だろうが本当に頭の回転がいい豚肉は変身上手に私たちに手をかけません。 あとは野菜室に居座りがちな玉ねぎを呼んで、クラスメイトにいたら嬉しい生姜が形を集めるだけです✨ 少人数なのに爆発的な結果を出せるまさにクラスの人気者たちの作品になりそうです💕 ただ私はナスやぶなしめじ、エリンギなんかもたまにはいれたりもしますので、だれでも入りたいクラスです。 豚の生姜焼きでは一番大切なことは、漬けることです。 あの透明とは言えない、もらえるビニール袋または銀か透明なボウルまたはジップロックをご用意ください。 豚肉は切るなら切ってください。 仲間を作れば作るほど食べやすくなりますからね。 そして玉ねぎはまずは半分だけ使いますから、半分はまたもや野菜室へ。 目の前の玉ねぎをまた半分にします、半分はみじん切りをしてマンモス学校にしてあげて、半分はスリムが集まる薄切りメンバーにしてあげてください。 みじん切りといってもハンバーグ作るわけではないのでどんなに大雑把な手付きでも許されます☺️ そして生姜は本当の形をした生姜がおすすめできます。それを申し訳ないですが、引っかかる壁に生姜のほっぺをおしつけてスリスリさせ違う形にさせていきます。 これは多めだと美味しいですが、全部いれることは絶対ないので生姜の香りに楽しめるくらいでやめてくださいね✨ では楽しい漬かり時間です☘️ 浸からせ、その味を豚たちのものとさせるので、いつもより濃い目に味をつけていきます。 まずはなんらかの袋、ボウル空間に入れるのは当たり前に豚肉、玉ねぎどちらも全て、生姜もいれます。 そしたら台所で振り向けばある、お醤油をまず豚肉たちが足湯ができるくらいの量いれます。すでに足湯してますので、料理酒をさらに肩までつかるほどいれます。 みりんは入浴剤いれる程度にいれたら、蜂蜜で潤いを少しあげ、さらにお砂糖を少ないからみんなで分けてね、ってくらいふりまかします。 せっかく気持ちよく浸かっていたのですがここからは出たくても出れなくなることを、まだあのメンバーは何も知りません。 そっからは漬けるだけ漬けていきます。 30分から半日つけたっていいですし、忘れて次の日まで漬けたっていいです。 ただ忘れないでほしいことは、この手放してる間どんどんどんどん中の物たちは濃ゆくいかつい味へと変身してることだけは忘れないでください。 びっくり驚くのは自分です。 手放し終わったら、冷蔵庫で冷えた体を熱したフライパンにオリオイ(オリーブオイル)を絵描きのように広げたら、一気にあったまった鉄板にドバッと天地分からなくさせます。 そうしたらガシャガシャかき回さずに、自力で姿に焼き目がつくギリギリまで私たちは助けません。ひっくり返す助けだけはしましょうね。 それを全身焼き目がつき、成長したなと思ったら最後少しだけ、私たちが大好きなガシャガシャ掻き回しで火や味を周りに染み込ませたら、もうお皿に移しても味を忘れない豚たちがいます☺️ そしてキャベツは千までいかなくても500切りくらいして、水に沈めておきましょう。 あとは大好きなマヨネーズを端っこに最後の仲間に入れたら台所から食卓へご移動お願いします。 意外にも経験豊富な豚の生姜焼きでした。 おしまい #カレンの台所 #こんなクラスがあったらはいりたい #きっと体育祭や合唱コンクールは一位だろう #冷蔵庫のスタメンだけで繰り広げられる #最大の学園祭だ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

もはやどこを取り上げたらいいのか分からないぐらい表現力がすごいです。

 

個人的には「食材」を全て「仲間」ととらえるところが好きです。

滝沢カレンさんはとても優しい方なんだろなぁと感じます^^

 

グリーンカレーレシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさよ、こんばんは。 本日は辛さだけでは済まされないタイ料理のリーダー、グリーンカレーを台所で作りました✨ 皆様には何色に写っていますか? 具沢山そして、我が我がなパプリカを使いましたので一見みると、婦人服売り場ですが、そんな楽しそうな物語が詰まっていそうです。 あからさまに使い道を狭めるんでないかと将来を考えてあげる自信がない中、ビクビクパプリカに手を出します。 ですが、使ってみると案外向こうから優しくしてくれて何にでも変身できる事を私達は知ることになります。 あとはまるで背比べパックに入っているえりんぎに、竹の子、ナス、鶏胸肉に集まってもらいました。 そして甘くにもおかずにも裏返るココナツミルクにも特別ゲストとして来てもらいます。 グリーンカレーを作るときは安心して道筋を教えてくれるグリーンカレーペーストが必要になりますので、自力で緑感を出す気持ちは置いて来て大丈夫です。 そしてまず登場していただくのは硬い安全な部屋であるフライパン、またはお鍋をお願いします。 そこに特別ゲストが先走りすぎたので、ココナツミルク、上半分たちが鍋に先に入場します。 ですがさすがに特別ゲスト待たせるわけにもいかないので先に火をつけてココナツミルクたちを踊らせておきます。ノリに乗ってきたら、優しい案内役のグリーンペーストを全ていれていきます。 シャルイーダンスと誘われたように2つは鍋内で混ざり合います。(ウスグリーン) 混ざり合うことが当たり前の風景になったら、お邪魔がてらに鶏肉たちをいれます。火もさすがに弱まります。 見てられないと思うなら、蓋を閉めてもいいですし、見ていたいと思うならとことん火が通るまでご覧ください。 鶏肉に火が通った自信がある方は、野菜を全ていれます。火が通ってなくてもまだ煮込みチャンスがあるのでバタバタしないでくださいね。 そして足止め食らっていたココナツミルクのゲストも全ていれます。 うそして皆様味見をしてみてください。 私には耐えられない辛さがそこにはあったので、ここで牛乳をいれていきます。 辛さに耐える自信がある方、味を見ながらここは自由にお願いします。 そして味にうなずくことができた方は、第二煮込みで野菜たちの楽しいタイ旅行をお済ましください。🥰 楽しい旅行はあっというまに終わります。(5分くらいで) ぐったり旅疲れした具材たたちが帰ってきましたら、追い討ちをかける平日のように、ナンプラーを具材全員を起こすくらいかけ、ココナツシュガーも同じくいれて明日に気合いをいれます そして、鶏ガラスープの素を絞めでいれたら、あっという間のタイ旅行の終わりです。 置き手紙にバジルを添えたら、タイ旅行が楽しかった具材たちが山を囲む記念写真のようになります。 おしまい #カレンの台所 #食材たちにも遠足を #野菜室から飛び出した野菜たちが #元気にたのしんでいた #タイからきたココナツミルクに案内されながら #楽しい旅行だったの話し声が聞こえてきそうだ #また旅に出かけよう #万全の準備がなくたって旅も料理もできちまうんだ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 

まず冒頭から、

「辛さだけでは済まされないタイ料理のリーダー、グリーンカレー」

 

「我が我がなパプリカを使いましたので一見みると、婦人服売り場ですが、そんな楽しそうな物語が詰まっています。」

我が我がなパプリカ、

一見見ると婦人服売り場、

 

・・・天才ですか。

この後はもう神がかっていて完全に滝沢さんの世界に連れていかれます。

 

怖がっていたら始まらないギリギリラインのせめぎ合いで作った豚カツレシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんばんは✨ 今日は怖がっていたら始まらないギリギリラインのせめぎ合いで作った豚カツの1ページです📖 誰だって熱い油は嫌いだが、口にいれる油は大好きですよね。 私もその1人です。 「油物こそ、目でみろ、自分で作れ」と言ってるのが私で、これは家計が続く限り言い伝えに残したいです。 今回は火事とは無縁に安全でヘルシーと脳をこっそり騙すことがコツになります。 一見、単なるパン粉不足なトンカツかと思われてる方は大幅に勘違いされています。 ギリギリのラインで攻めた豚カツなので、パン粉不足ではなく、こちらからパン粉の貼り付け制限をしています。 私と豚カツはよく、ミルフィーユ状の豚カツにすることにしています。 分かりやすく火も通りやすいですし、その間、間に大葉とチーズを住ませたいからです。 分厚く火が本当に中央までしっかり通っているのか、という鍋前で1人抱える不安は台所には似合いませんからね☺️ 薄っぺらさなら負けない、豚バラスライスまたは、薄切り豚ロースをお選びください。 いつもは薄切り豚ロースを使いますが、 冷蔵庫に美しく眠る豚バラがあったので本日は豚バラスライス方面に出発です🚄 時代を忘れたとは言わせない、30cm定規かのように豚バラをまな板または板に乗せていきます。 やや肩が当たるように並べて開いたら、大胆にチーズと大葉をいれて長細くなっている豚肉を風呂敷を包むようにとチーズと大葉をそっと閉じ込めます。 今は豚肉のミニバッグが目の前にあるはずです。 それに塩胡椒で模様ができるくらい振ったら、急なとき卵で驚かせ、水分をさらうで有名なパン粉をつけて、カサカサ世界に迷い込ませます。 と思いきや、 フライパン床には、ピクニックシートをひく気持ちでオリオイ(オリーブオイル)のシートをひいてくだい。 黄色のシートがひけたら、床暖房と可愛くはいかない激熱床を作る気持ちで火をつけます。 180〜170度くらいにしてほしいですが、そんな高熱危険で誰も調べることはできないので、食材たちに身代わりになってもらいます。 初めはオリオイが絵具を混ぜたかのように、ゆっくりと深海のほうでうごめきます。この動きに気を取られないでください。 さらに待つと、密かにピクピクと何か発信しようかなという素振りで私たちを泡で脅してきます。 その脅しが増えてきたら、身代わりに作り上げてきた豚カツを捧げます。 すると静かだったオリオイの浅い湖はお祭り騒ぎのように豚カツを歓迎してくれます。 なんの歓迎祭りももらえなかった豚カツは、入れるタイミング早いです。 一旦豚カツを元の世界にお戻しください。 豚カツを入れて、祭りのように盛り上がってくれればそれは、今だよ、合っているよ、という受け入れの印です。 片面だけいい思いしてるのも可哀想な話なので、2〜3分楽しませたら、反対側の豚カツも同じく楽しませます。 そのとき、こんなに楽しんだよ!という豚カツの顔色をよくみてください。 なんの遊んできたかけらも無い綺麗なままだったら遊び足りてません。 逆に転んだのか?というほど黒い顔を見せたら遊びすぎです。 自分が親になったつもりで、まぁ楽しく遊べたんだね、という時にひっくり返してください。 両面遊べたら、前面がしっかり祭りに参加できたかを目で見てくださいね。 その頃には浅く引いたオリオイも潮を引いたかのようにゴリゴリのフライパン底も顔を出していると思います。(それは豚カツが吸ったから) 祭りの後の静けさを楽しみます。 ですが楽しむ暇はありません。 あまり長居もよくないので、サッと豚カツを引き揚げ、遊んだ体をバスタオルでふいてあげるかのように、キッチンペーパーまたは油拭き取り紙でしっかり汗を拭いてあげてください。 そうしたら、素敵なお部屋を用意して(お皿)、高めの枕と思いきや千切りキャベツ(キャベツには油の吸収を体内で抑えますから必須です)、お気に入りの枕元に置きたいトマトを添えます。 これで夢の国に出発するチーズシソ豚カツの出来上がりです。 切り干し大根はまたいます。 この場所での常連さんなので何も言えないです。 油をいつもより少なくしても、薄切りを使えばしっかり火も通りますから、コミュニケーションは必ずお願いしますね😊 声をかけても返ってこないので、目で見て、聞いてそれぞれの1ページにしてみてください✨ おしまい📘 #カレンの台所 #声をかけるコミュニケーションとは違う #新たなる交信場 #食材と見つめ合う時間はとても楽しくて #胃袋までをもストーリーに巻き込む #今日通る食材の道は自分で作るんだ

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 

何がギリギリラインの攻めぎ合いなのか。

なるほど、パン粉の貼り付け具合がギリギリなのですね。さすがモデルさんです。

 

豚カツはとにかく顔色をよく見てくださいと、滝沢カレンさんは言います。

豚カツは、自分が親になったつもりで楽しく遊べた頃にひっくり返すといいそうです。

この後の説明も、自分が親、豚カツは子供という設定で進んでいきます。

 

その他にも滝沢カレンさんの世界観にひたれる、まるで物語のレシピ集はこちら♪

手を伸ばせば誰でも食べれるすき焼きレシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさんこんにちは😊 続いては、「手を伸ばせば誰でも食べれるすき焼き」です。 たまのご褒美すき焼きの一回をこんな開けたすき焼きにはしてはみませんか? 今回物語に花を添えてくれる食材たちは、 そりゃ主役でどうぞどうぞな牛肉、いっちょ牛肉に草をはやしますよな豆苗、高さ出しに努力を惜しまない玉ねぎ、休日バカンスを楽しんだことがお見通しな焼き豆腐、なんかしらで食べたくなる白滝、いなくちゃ締まらない長ネギ、そして少しすき焼き軍団には驚かれますが、今回は油揚げ、納豆、大葉、チーズ、ミニトマト、レタスを仲間入りです。 気になる油揚げなのですが、浴衣の時に手元にぶらさがる巾着バッグを想像させる、何分の何くらい小さくしたものをつくります。 油が染み込んだ潤いたっぷりの油揚げをまずは半分に切り2つのバッグ素材にしていきます。 そうしましたら上手いことくっついている両側を恐る恐る開いて下さい。ほんとに商品を作る気持ちで穴をあかないようお気をつけてください。 そんな時のヒーローが棒です。 わたしからしたら、木の棒または棒ですが、人はそれをめん棒と呼びます。 それで油揚げのリンパマッサージをするつもりでコロコロほぐすと、私たちの力いらずで、コートにつけてもおかしくないポケットのようになります。 そうしたらそこに納豆と大葉(刻んでください)、チーズを入れて絶対切れないかんぴょうでバッグの蓋を閉じます。 これで、すき焼きスターティングメンバには一目置かれて、私たちには楽しさをくれる、新たなる仲間が入ります😊 そしてお次は、トマトを牛肉の薄い高級マフラーで温めてあげることを想像して巻いていきます。 トマトの息を止めないよう顔は出してあげてください。 同じくレタスにも牛肉高級マフラーを巻きつけたら、せっかくお出かけしたかったのにというところで一本の串に刺される運命です。 同じ姿の仲間が一緒にされます😅 これで大袈裟な食材はひと段落しましたのでご安心を。 あとはクラスにメンバーを揃えていきます。 豆苗からいれ、肉で終わらせるとバランスが取れます。 玉ねぎには時には下敷きになってもらうこともありますが、申し訳ないくらい牛肉を主役にさせたいためには玉ねぎも二皮でも脱いでくれます。 そんなことをしている前に、 すき焼きにて良さを最大限にアピールしている卵に気を下さい。 今回は割ったら出てくる生卵ではなく、割ったら黄身を取り出してそこに、2回何かを飲み込むくらいの量のラー油を入れたら、ニンニクを知らずに焼くだけ焼いたカリカリ茶色に変身させたものもいれ、さらにはすりごまもいれたタレにお付けください。 そうしましたら、さらに丸々に成長を遂げたトマトを一気に爪サイズにきったら、そこにレモン汁とオリーブオイルを入れたタレもいます。 そこには好き好きに、口の気分を伺いながら合わせてください✨ あとは、お醤油、みりん、酒を気持ちよく半身浴させる温泉屋さんになったつもりで浸からせてあげてください。そこに入浴剤がてらに砂糖をいれてください。あ、塩は発汗作用がありますよ、というお印付きで塩もふりまいてください。 そして屋根付き温泉だったと思われるように蓋をして、全ての具材に汗を教え、柔らかさを知り、みなさんが見たことある安心色になったら、食べていいです😋 具材たちがトランポリンで楽しむような広場がそこにはあります。 お楽しみください🍲 さよなら✨見てくださりありがとうございました😋

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

ビスク風お雑煮in2020レシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんばんは。 「ビスク風お雑煮in2020」をお披露目致します✨ まずは皆さん、取ったらそのままの形をした海老、派手で見つけやすい人参、きっと買わなくてもある玉ねぎ(個人差)、にんにくをお願いします。 海老の洋服を脱がせてあげる気分で殻アウターと身分を分けていきます。 といいつつ、うっかり頭も取れちゃいましたが希望です。 頭は大活躍の未来があるので殻コーナーにお願いしますね。 中と外を分けましたら、一旦自分から離してください。 次は、人参、玉ねぎ、にんにくを扱います。 このあと食材たちには間違っても言えませんがミキサー(小声)にて急速スピンをしてもらうので、 それぞれ薄切りして頂ければ大丈夫です。 一人だった身分にたくさんの仲間を作る感覚で切ってください。 人参は半分したらまた半分切らないくらいと、玉ねぎははっきりした半分、にんにくは自分の明日のご予定気にならない方は好きにしてください。 そうしましたら、食材たち、顔合わせの準備です。 大きめのフライパンが集合場所なので先に場所取りににんにくが出かけます。 にんにくは、場をあっためておきましたよ、と言わんばかりにオリオイ(オリーブオイル)でフライパン内を温めて待っています。 にんにくの香りが鼻に突き出したら、遅れてやってきた、人参グループと玉ねぎグループをいれます。「なんだなんだまだ主役は来てないのか」と私たちにヘラでブンブンかき混ぜられながらも、会話を止めない野菜たちをご覧ください。 温まりすぎてそれぞれが身を透明にし始めたら、ついに遅れることを計算にすらいれていた主役の海老殻が入ります。 海老殻は、玉ねぎや人参からあまりにチヤホヤされ赤面してきますから、そうしましたらお酒はどうですか、と、私たちは白ワインを申し訳ないですが頭からかけていきます。 大の大人が二杯飲む手前までいれましょう。 フライパン内は急な白ワインに慌てて興奮し始めます。 みんなからアルコールの香りがしてきますが、それは天に香りが舞ってるいいことです。 1分その光景をみたら、お水を入れて一旦冷ましてあげようと思いきや、すぐにホールトマトで部屋を真っ赤にしていきます。 何がなんだか、と思われてます。 それを見下ろすこと2〜3分しましたら、みんなの邪魔者、アクが出てきます。 安全第一でアクを退治して下さい。 ※なんで、俺が?と思う方、アクを発生させてるのは全て自分だと思い返してください アクも取れてまた平和が戻ったらしばしご歓談💕という気持ちで20分も放置します。 そんな間に私たちはミキサーをソッと準備します。 20分経過したら、あれ?どこへ?と思ったうちに全てミキサー内に閉じ込めます。 あっという間に記憶を消しましょう。 そうしたら、穴だらけのザルに水分キャッチのマイスター、キッチンペーパーをザルにひき、綺麗な鍋の上でミキサーを流し込みます、 すると地に降りたい物、天にいたいものに分かれます。(勝手に自分から行き先を決めますから任せましょう) 地に残ったモノはまた暖か部屋(鍋)にて熱さに耐えます。 天に残ったものの居場所はご自分でお考えください。 またあったまりすぎて、生意気な泡がスープから顔を出してきたら、他の国からやってきたような顔した生クリームをお気持ち程度いれます。 これでビスクは一旦忘れます。 お次は魚屋でチヤホヤされていた金目鯛の切り身をご用意してください。 中学時代を思い出し平均的な消しゴムくらいに5つくらい切ります。 そうしましたら食材界の接着剤でもある、小麦粉と水を合わせて、金目鯛のまだ何の色も知らない白い方につけていきます。 急なひんやりさと粘り気を感じてる不信感を抱く金目鯛にすぐさま、五色あられ(何色だっていい)という名のジャラジャラアクセサリーを粘り気側につけていきます。 なんだか一気に可愛げがついたわ、と金目鯛をお調子者にするやいなやで、170度の油へダイブさせます。 驚きのあまり始めは底に静まり返りますが30秒しても底でもがいている場合は、足長おじさん(菜箸)でそこの張り付きを助けてあげてください。 誰の救助もしないで、浮き上がってきたら揚げ時です。 これで鯛は出来上がりです。 お次は、海老心情です。 忘れかけたころにやってきた、海老の身と椎茸を本気の適当切り(プロセッサにいれますから)、片栗粉誰よりも遠慮した量、塩入れたか誰も気付かないくらい、お酒みなさんに行き渡らない程度、お麩5粒をお願いします。 そうしたら、私たちはなにかしたか?と思われても覚悟なほどフードプロセッサーで身も表情もなくしていきます。 これ以上回したら自分を恨みたくなるところでおやめください。 そこから沸騰した昆布入りお湯に、へばりついていたプロセッサからお一人ずつ丸目な身を作り激熱風呂にいれていきます。 あとは知らない間にお餅をトースターなり、グリルなりであったまってもらい、葉の花やかぶは日サロ気分なレンジであたため、あとは今まで出会うはずなかった食材たちが集結する時間です。 赤いビスクスープを集合場所に、金目鯛、野菜、お餅、海老心情を待ち合わせさせてあげてください。集合しましたら出来上がりてす

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

ハンバーグレシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんにちは😃 何をしてるんですか?✨ 今日の台所は、私の右手にかかれば小さな自慢にもしたい、ハンバーグです☺️ 昔の掛けじゅくにでてきそうな山に見えてますのがハンバーグです。積乱雲のようにそびえ立つのは、サニーレタスです。 ハンバーグだけで言うなら間違いなく年齢分以上に作っています。 なぜなら、大好きな食べ物チーズがこの世にないとしたら第1位だからです。 今日はそんなハンバーグの台所です。 今回は当たり前に混ざり合う合い挽き肉、目つぶし覚悟の玉ねぎ、そして食品界のダイアモンド卵、あとは湯にいれるとふやけるお麩をご用意ください。 腰を上げる作業から始めたら楽ですので、最初は染みとの戦いで、あんだけ丸々と成長したというのに見るも耐えられない形にしていきます。 粉々にこちらがすると向こうは抵抗したいのか対抗してるのかでギリギリまで染みスプレー出してきますので、気合いお願いします。 子供の頃に糸を通して遊んだビーズくらいにしてください。 そうしましたら、フライパンにて玉ねぎには悪いですが、染みさせられた気持ちをバネにして玉ねぎを厳しく追求するように炒めます。 明らかな茶色になる前くらいにおやめてください。 そうしたら、みなさん大好きな手触り時間です! ボウルに仲良し合い挽き肉(わたしは豚7:牛2)、痛んだ玉ねぎ、卵一個、塩胡椒むせるくらい、マヨネーズをハンドクリーム一回分くらいいれました、魔法のお麩をいれてきます。 お麩は6〜12個くらいを子供心に戻って粉々にしていきます。 見た目は暴れん坊な私たちですが、だれも見てませんからお気にせず。 粉々なお麩は自分の手のひらだけを信じていれてください。ちょっとやそっとの力じゃ形変わらないだろ、という時にお麩の力はいらなくなります。 まだまだ一人立ちできないくらいグラグラならお麩の力をたしてください。 さぁここからは無邪気にこんちくしょうと混ぜてください。 遊んだあとはお片付け。を唱えながら、食べたい形にしていきます。 焼くと、恐縮したように縮まりますから自分の予想と今を考えながら形にしていきます。 待ちわびる空室なカラカラフライパンに保湿がてらにオリオイ(オリーブオイル)をおつけください。 しっとり気分かと思えば、強火で温めていきます。 見違えたように綺麗な肉丸たちをフライパンに円卓机で話す家族のように並べていきます。 全員が窮屈じゃなく話せているな、と思ったらそれをしばらく眺めてください。 1〜1分30秒でしょうか。。 え、何勝手に洋服羽織ってんの?!と思ったら、その驚きを味方にひっくり返してください。 茶色のあったかそうな洋服きてるはずです。 あまりにゴケ茶または黒の服を着ていた場合は、焼きすぎです。また次回に期待しましょう。 ひっくり返したら中火にしてもいいです。 中火で1分くらい焼きましたら、急に料理酒をなんの合図もせずに振りまいていきます。 ハンバーグに半身浴させる量いれます。 そうしましたら、蓋を閉めて一気に蒸し風呂状態にします。弱火くらいで許しましょう。 すると屋根から汗がでてきます。この状況を 7分〜10分見つめます。 心配な方はひっくり返し、また蒸し風呂を見下ろします。(2〜3分) あまり焼くと、頑なでわがままなハンバーグだと思われるので、柔らかく優しいハンバーグでお願いしたいです。 白い液体がハンバ内から溢れ出てましたら、仲間でしっかり息通ってます。 赤い液体が出てきたら、まだ話終わってないとおもってください。 蓋を取ったら少し弱火から中火にしまして、最後の水分を飛ばさせてください。 あまり飛びすぎてしまうとまたカラカラフライパンに逆戻りにだけはさせないでください。 油や肉汁や水分はやがて使うので居残りメンバーです。 ハンバーグを草、実を添えたお部屋(お皿)にお連れしたら、居残りメンバーをさらに引き立たせていきます。 同じフライパンに残り汁ありますよね? そちらに、バター、赤ワイン一杯飲む量、お砂糖心ばかり、ケチャップ、ウスターソースを目ん玉二個分くらい、お醤油使ったか使ってないか誰も分からないくらいいれて煮詰めます。 ワサワサとして明らかに緩やかなスピードになったらソース出来上がりです。 しっかり赤ワインのアルコールを天に天にと飛ばしてください。 こちらをハンバーグにかけて、最後になんの状況も知らずに急遽冷蔵庫から呼ばれた生クリームをふっかけて完成です。 あとは忘れた頃に食べたくなる切り干し大根に、いなくちゃ困るお味噌、そして唯一染まることを知らないお米です。 ハンバーグこう思うとふんだりけったりな調理はされてますが、口に入れば私たちを幸せの絶頂に運んでくれて、まさかあんな目にあってたとは。と思わせてくれます💕 さよなら。 (今回はハンバーグの物語です) #カレンの台所 #肉があったら作りたい #それがハンバーグ #憧れはいまでも一瞬も錆びずに私を喜ばせる #お皿の中で胸を張りに張ったハンバーグ兄弟がわたしの目を奪うんだ #パラパラをまた固める不思議な作業

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

目立ちたがりがいない中華丼レシピ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みなさん、こんばんは☺️ 今回はお皿に群がる窮屈な料理になりました。 まったく、間取り知らずのわたしです。 本日は誰もが主役いや、みんなが脇役なのか迷うほどの目立ちたがりがいない中華丼にしました💕 うずらの卵がやや奥行き出してきてるのですが、それをうらやましがる食材すらいませんので、私も安心な家族喧嘩はありません。 今回集まってもらった食材は、見たら買いたい豚バラ肉、永遠と野菜室を小粋な顔でいったりきたりする玉ねぎ(永遠といったって腐らしてはいない)と味噌汁の味方として買っていた椎茸、冷凍してれば安心なイカやら、すぐ力を抜く白菜、人参たちの野菜がいます。 これらを、こん食いしたいなと思える形にスリムに御刻みください。 まな板はいつもひとりで横たわってるので一気に来た仲間たちにないやいと声を出しているような音してました。(自分次第) まぁこんくらいで口に運びたいなと「個人差♪個人差♪」とつぶやきながら切っていただけたらいいとおもいます。 そうしましたら、 みなさんのお気に入りフライパン大または鍋を火にお願いします。それぞれの油をいれたら、まずは赤い顔でそこにいる豚肉を炒めてください。 豚肉の怒りがおさまったら、味の旨味を持ってないフリしてしっかり持っている玉ねぎと硬くて噛めやしない人参を優先させてください。 もうさすがに噛めるでしょという、自分らのタイミングでその他の野菜を全ていれます。 どんなに早くいれすぎても、作っているものは口にいれるものです、必ず食べれますからご安心ください。 全ての力を奪い、ヘトヘトな姿を真上からご覧ください。 そこにオアシスを差し上げるつもりで、単なる水を人に出して恥ずかしくない量、絶対正義のお醤油を水に負ける量、お酒はお醤油の後を追って、パサパサ粒の鶏がらスープを片手で楽しめる程度いれます。 そうしましたら、あったら最高なのですがオイスターソース(牡蠣のソース)をほんの差し入れ程度いれてください。 そして私たちの大好きなお砂糖は入れたか入れてないかくらいの量を全体にふりかわしてください。 そうしましたら、もう右も左も分からなくさせてしまうくらい混ぜてください。 そうすると段々と左右上下わからなくなった食材たちがぐちぐちしてきます。 その隙にうずらの卵をいれてください。 あとは塩胡椒するもよし、しなくても誰も何も言いません。 ここまではまだ味を薄くもできますし、濃くもできます。 本当にその味でいいか決める瞬間です。 決まりましたら、 ついに魔法の粉、片栗粉の出番です。 小さいコップかなんかに、水と片栗粉を混ぜてあげてください。粉だけがゴツゴツ残らないでください、白が勝つ透明感になったら、少しずつフライパンまたは鍋の中にいれます。 みなさん、一気に入れたり、混ぜないと、ゴツゴツのむったり団子みたいなものになるのでご注意ください。 この時私たちの手は止まらずに、ずーっと構ってあげてください。 ゆっくりゆっくり背中を押すように回します。 するとピチャピチャしていた鍋中が、時間が止まったかのように動きがゆっくりしはじめます。 音もしません。 え?なに?なに?と驚いてるうちに食材たちは閉じ込められたように表情を無くします、そうなったら、完成です💕 白いお米たちにはとんだ重い熱布団だと思いますが是非、掛けてあげて下さい。 焼きそばにかけてもいいですし、 全て自由にしてください。 中華丼に気を構いすぎて、 丸まったタコと戸棚にわかめときゅうりをポン酢とお砂糖いれた食材頼りな小鉢ありますが、ピントも合わずな通りかがりになってしまいましたが、美味しかったです。 そして豚バラ肉を間違いなく使い回ししただろうと覚悟の豚汁も仲間に入りました。 ありがとうございます😊 さよなら。 p.s.竹の子もはいっている。 #カレンの台所 #味を閉じ込めるのが好きだ #いつまでも濃くいつまでも熱く #副菜作り中だって冷めやしない #食材たちがザワザワと井戸端会議をしているようだ #今日も最大限の栄養を私におくれ #その代わりに気持ちを込めて作るんだ #お互い与えながら貰いながら #冷蔵庫での顔合わせで決まる一品 #食材たちとの会話はいつだって気が抜ける

滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 

滝沢カレンさんの料理解説は、料理をしながらクスクス笑えるとても楽しいものですね♪

 

そんな滝沢カレンさんは料理の腕前も確かなもので、

この度「カレンの台所」という料理本が出版されることになりました!

 


カレンの台所 / 滝沢カレン 【本】

 

滝沢カレンさんの本を読めば、いつもとまた違う感覚でお料理ができるのではないでしょうか♪

滝沢カレンのインスタグラム料理レシピを見たみんなの感想・口コミ

滝沢カレンさんのインスタグラムの料理レシピを見たみんなの反応です。

やはり、滝沢カレンさんの独特な料理レシピ解説に引き込まれる方が多いようです^^

まとめ

滝沢カレンさんはその独特な文章表現が面白く話題を呼んでいますが、一瞬で滝沢カレンさんの世界に引き込むのはまさに才能でしょう。

料理のレシピ解説も面白いのですが、料理の腕前も本物です。

スポンサーリンク