【画像つき】日食グラス(メガネ)代わりになる!家で簡単手作り(作り方)を紹介!

2020年6月21日(日)は夏至の日食の日ですね!

時刻は夕方16:00~18:00頃にかけて見られるそうです。

当記事では、まだ間に合う!日食グラス(メガネ)代わりになる!家で簡単手作り(作り方)を画像つきで紹介します!

スポンサーリンク

【画像つき)日食グラス(メガネ)代わりになる手作り簡単アイテムの作り方

部分日食を見るためには日食グラス(メガネ)が必要となりますが、お店で売り切れていたり、間に合わない!という方でも大丈夫!

今からでも間に合います!

家にあるもので部分グラスの代わりになる、簡単アイテムを作ることが出来るんです♪

(※鹿児島県立科学館 かんたんチャレンジ工作を参考にしています)

 

まずは材料を紹介します!

1.材料

 

【材料】
・サランラップの芯

・10センチ×10センチに切ったアルミホイル

・10センチ×1センチに切った白いスーパーの袋

・輪ゴム2個

2.サランラップの芯に10センチ角のアルミホイルをかぶせて輪ゴムでとめる

3.片方のサランラップの芯に10センチ角のスーパーの白い袋をかぶせて輪ゴムでとめる

4.つまようじなどでアルミホイルの中央に1ミリほどの穴をあける

日食グラス(メガネ)や代用品が間に合わない場合の部分日食を見る(視聴)方法

部分日食を見るのに、日食グラスやメガネ、代用品の用意が間に合わない場合はLIVE映像を視聴するという方法もあります。

 

現在国立天文台公式サイトでは、リアルタイムで部分日食のライブ配信が行われています。

→部分日食のライブ配信動画はこちら!

スポンサーリンク

2020年部分日食についてみんなの口コミ・感想

みなさん2020年6月21日(日)の

みなさん、手作りで色々と工夫されています!

まとめ

以上が日食グラス(メガネ)の代わりになる手作りアイテムの作り方の紹介でした!

部分日食見れるといいですね!

スポンサーリンク